スタヂオポンテへようこそ

  

Welcome to Studio Ponte!

初めての方へ
カリグラフィーとは?
体験レッスンご希望の方


も く じ
カリグラフィーの通信添削について
モダンカリグラフィークラスを開講しました!
“Brush Calligraphy WS” の延期について


単発ワークショップ
 6/25, 6/26 & 27・・・白谷泉ワークショップ2021
 2/20 & 3/6 & 3/20・・・Bookbinding〜Laced on board/麻紐綴じ製本〜
 4/11・・・カリグラフィーの歴史レクチャー


お知らせ

白谷泉ワークショップ2021      <Aコース><Bコース>

A. フローリッシュ・テクニック *オールレベル

フローリッシュの概念と基本構造から、単語にフローリッシュをつけていく考え方までを詳しく解説します。

2021年6月25日(金)10:00〜16:00   ポンテ会員10,000円(一般12,000円)

 カリグラフィーを華やかに演出するフローリッシュ。文字に飾りのラインを入れるテクニックです。
 バランスのとれた自然なフローリッシュが入ると、文字が生き生きとし、手書き文字の楽しさを一層感じることができます。ではフローリッシュの書き方や付け方にルールはあるのでしょうか。作品のイメージに合うフローリッシュの選び方とは?
 使いやすいテクニックである一方で、多くの疑問点があり苦手意識を持つ人が多いのも事実です。レッスンではフローリッシュの「基本概念」から始まり「自然なラインとは何か」「スペースとフローリッシュの関係」など、実践を通して詳しく解説していきます。


B. ローマンキャピタル・ビルドアップ *ローマンキャピタル体経験者

シンプルなローマンキャピタル体にセリフをつけて、さらにビルドアップしていくスタイルを学びます。

2021年6月26日(土)&27日(日)10:00〜16:00 ポンテ会員19,000 円(一般 23,000円)

 基本のローマンキャピタル体は、他の書体と比べると一見幾何学的で、手書きの流れを感じづらいスタイルに見えるかもしれませんが、これほどバリエーションが豊富で楽しい書体はありません。
 このレッスンでは、ローマンキャピタル体にセリフや太さをつけ足していくことで、表情豊かな文字に仕上げていく過程を体験していきます。レッスンの最後には短い文章を仕上げられるよう、作品にする時のポイントやスペースの考え方も解説していきます。
 「ビルドアップ」にはいろいろな方法があり、クラシックにもモダンにも見せることができますので、時間のある限りそのバリエーションもご紹介いたします。


申し込み:ポンテ会員先行受付は3月15日より、一般受付は4月1日よりおこないます。お名前、ご住所、電話番号、希望するコースを明記の上、電子メールで(Y@studioponte.com 迄)お申し込みください。
 WS代金の振込先をお知らせいたします。ご入金をもって、お申し込み受付といたします。
 お申し込み受付後、用意する物のお知らせをいたします。定員後のお申し込みは、キャンセル待ちとなります。
 申し込み後のキャンセルは速やかにお知らせください。キャンセル料金は1週間前までは手数料1,000円を差し引いた金額を返金いたします。前日の場合は50%、当日は100%となりますので、ご了承くださいませ。
お願い:WSでは、持ち物以外にマスクと手洗い用のタオルなどをご持参ください。

好評につき通信添削を通常レッスンと並行して継続いたします!

4月以降、皆様からは通信添削が届いております。
通常レッスンではなかなかできないお一人お一人の文字をじっくりと添削するという時間は、
通信ならではだとおもいます。そこで、今後も通常レッスンと並行して
ご希望の方には通信添削も活用していただくことにいたしました。
スタヂオポンテのレッスンスタンプカードをお持ちの方でしたらどなたでもご利用いただけます。
ただし、レッスン回数が3回目以降の方に限らせていただきます。

料金はレッスン1回分(添削料、返信切手代込み)です。

【通信添削の際のお願い】

通信添削の際に以下の点をお気に留めてお送りいただけると講師も大変助かります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
  1. お送りいただくものは基本的にいつもの練習用紙(B4、A4など)でお願いいたします。
    封筒のサイズに合わせて折っていただいて構いません。
  2. 沢山練習して下さるのに越したことはございませんが、それを踏まえて
    清書して頂いたものを2-3枚お送り頂きますようお願い申し上げます。
    また、1ぺージにいっぱいかかれますと、添削する余白がなくなってしまいますので、
    用紙の半分〜3分の1程度の余白を残してお書きください。
  3. 送っていただいた封筒を返信用に再利用いたしますので、
    宛名は15cm x 10cm以内(A4の紙を4つ折りしたくらい)にお書きください。
    もしくは、返信用封筒を同封していただければ、それを使用します。
  4. 返信用の切手をご同封いただき、封筒の裏面にご住所を明記してお送りください。
郵便にて承ります。郵便料金の目安です。
PMパッド3枚(B4サイズ)+定型封筒で約25g、84円切手相当。
枚数が4枚〜6枚の場合、94円。
定型外サイズでは50gまでで、120円。
送付先:810-0001 福岡市中央区天神5-1-15-703 スタヂオポンテ

通信添削2回目以降は練習用のお手本を書いてお送りすることも可能です
(15 wordsより長いテキストは別途料金1,000円〜となります)。
通常レッスンに来られていない方でも お申し出があれば
通信添削内容の無料相談をお受けいたします。

レッスンスタンプカードの期限が切れそうな方、すでに切れている方も
この機会をどうぞご利用くださいませ。
ずっと来られていない方で添削希望の方は 先ずはご相談ください。
レッスンスタンプカードの購入をご希望の方はメールでその旨お知らせください。
〈4回12,000円 8回20,000円 通信添削の場合は郵送の時間を考慮して、購入日から 6ヶ月間利用可能とします〉

モダンカリグラフィークラスを開講しました!

今、流行りのモダンカリグラフィー。
前半は基本となるトラディショナルスタイルのカッパープレート体をしっかり学び、
後半モダンスタイルに入ります。
初心者歓迎、経験者歓迎。

第2土曜日 13:30-15:30   モダンカリグラフィークラス

TOM KEMP の “Brush Calligraphy WS” の延期について

COVID-19に起因する社会的情勢により、4月に予定していた
トム・ケンプ氏のワークショップは延期とせざるをえなくなりました。
事態の鎮静後、開催日程を調整したいと考えております。

今回楽しみにされていた方々にはご迷惑をおかけします。大変申し訳ございません。
どうぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


もくじへ

◆◆◆
Studio Ponte TOP PAGE
タヂオポンテ トップへ
Copyright 2020
Studio Ponte